コンタクトレンズとトラブル

汚れたコンタクトレンズは重大なトラブルの原因となることがあります。

ハードコンタクトレンズの汚れ
ソフトコンタクトレンズの汚れ

コンタクトの汚れをそのままにしていたり、自己流のコンタクトのケアをしているとこんなトラブルが起きることもあります。


巨大乳頭結膜炎(GPC)

コンタクトレンズの汚れが主な原因で上まぶたの裏側の乳頭が肥大します。

(多くはソフトコンタクトレンズ)

ケア用品過敏症

ソフトコンタクトレンズのケア用品が原因で充血が発生することがあります。

また、自己流のケアで汚れが残ったままにすると、時には角膜に傷がついて細菌や真菌(カビ)に感染する危険性があります。 その中でも、注目されているのが、失明の危険性が高いアカントアメーバ角膜炎です。

これは、アカントアメーバという原生動物が角膜の中に入り込んで、強い炎症を起こすもので、ハードコンタクトレンズよりもソフトコンタクトレンズ装用者で多くみられます。


最近、若者の間では、ファッションの1つとして、カラーコンタクトレンズの装用が、ちょっとした流行になっています。

しかし、眼科医の処方なしで装用したために、重大な眼のトラブルを引き起こすことが、多くなってきているのも事実です。

必ず、眼科医の処方で装用を開始し、指示通りの使い方をしてください。




©︎吉原眼科

〒990-0831 山形県山形市西田2丁目3-3