白内障について

知りたい項目をクリックしてご覧ください。

 

どんな病気?

人の眼は、よくカメラにたとえられますが、カメラのレンズに相当するのが水晶体です。
この水晶体というレンズが濁る病気が白内障です。

どんな症状がでるの?

ピントを合わせるためのレンズの役割を持つ水晶体が濁り、

  • かすんで見える

  • 明るいところへ出ると眩しく感じる

  • どんなに調節しても眼鏡が合わない

  • ものが二重・三重に見える

という症状があらわれます。白内障だけで痛みや充血はありません。

なにが原因で発症するの?

最も多いのは加齢です。個人差はありますが誰でも年をとるにつれ発症します。
60歳代で70%、70歳代で90%、80歳以上でほぼ100%の人に発症します。

若いうちからの発症では

  • 目の外傷

  • アトピー性皮膚炎

  • 糖尿病

  • 先天性(生まれつき)

などが原因となり、その他にも、遺伝、放射線照射、薬剤の副作用、目の病気に続発するもの、網膜剥離や硝子体手術の後などにも進行しやすい傾向があります。

どんな症状がでたら、診察を受けたらいいの?

一度濁った水晶体は、元通り透明にはなりません。
視界がかすんだり、光がいつも以上に眩しく感じたら、すぐに診察を受けるようにしましょう。
また、上記のような症状がなくても、40歳を過ぎたら、一度診察を受けることをおすすめします。
早めの診察で、合併症などの多くのリスクを回避することができます。

どんな治療をするの?

日常生活を送る上で支障のない軽度のうちは、点眼薬や内服薬により症状の進行を遅らせることができます。
視力の低下が激しい場合、有効な治療法は手術のみです。
最も一般的な手術の方法は、超音波水晶体乳化吸引術、および眼内レンズ挿入術といい、特殊な超音波の器械で水晶体を細かく砕き、眼内レンズという小さなプラスチックレンズを埋め込みます。
症状にもよりますが、手術に要する時間は5~10分程度です。

手術はたったの10分!

  • 白内障手術は、手術方法や器械の進歩により、安全でより正確に行えるようになりました。そのため、当院では手術を日帰りで行っています。

  • 手術を受けられる患者様には、手術に関する正しい情報を知っていただき、少しでも不安がなく、満足の行く手術を受けていただきたいと思っております。

  • 手術に要する時間は、5~10分程度です。リラックスして手術を受けてください。

  • 特殊な超音波の器械で水晶体を細かく砕き、眼内レンズという小さなプラスチックレンズを埋め込む手術を行います。

  • 症状にもよりますが、手術に要する時間は、5~10分程度です。

  • 眼内レンズは、一度挿入すれば、半永久的に使用できます。但し、水晶体のようにピントを合せる調整力がありません。そのため、眼内レンズの度数に合せて眼鏡が必要になります。

 

手術と治療の流れ

下記の期間はご家族の送迎、公共機関、タクシーをご利用ください。

  • 手術当日まで、瞳孔を開く散瞳薬を使用しての検査をします。検査後、薬の効果が切れるまで数時間ほど、まぶしくて見えにくくなるため、ご自身での運転が大変危険になります。

  • 手術前日~手術日の翌々日の4日間通院していただきます。

手術前まで

術前検査

手術の約2~3週間前に眼内レンズの度数を決定する検査を行います。

手術前日~当日まで

手術前日

手術の説明と薬の処方を行います。
手術の前日、8時30分~10時00分に来院していただきます。

目薬

手術のためにお渡しした目薬は、手術当日の朝までつけて、一旦中止してください。
手術の翌日からまた使いますので、捨てずに当日お持ちになってください
反対側の目につけている目薬は、今まで通り点眼してください。

​飲み薬と食事

手術前日の夕食後から、化膿止めの薬を飲み始めます。1日3回毎食後、4日間服用し、なくなったら終了です。普段飲んでいるお薬は、そのまま続けてお飲みください。
手術当日の朝食は、普段通りで構いませんが、昼食は控えめにしてきてください。

洗顔

手術前日と当日の朝は、石鹸で洗顔しましょう。十分に消毒効果があるように、特に目の周りは丁寧に洗ってください。

手術当日、ご帰宅まで

手術前

手術当日は、休憩室で血圧・体温を測り、手術する目にスタッフが薬をつけます。当院で準備した手術衣に着替えていただきます。メガネ、入れ歯、時計、ヘアピン、指輪、貴金属類は、外していただきます。

手術

手術は12時30分頃から開始します。5~10程の手術ですので、リラックスして手術を受けてください。

手術が終わったら

手術が終わったら、リカバリールームで1時間程度、安静にしていただきます。

ナースコールも完備されていますので、安心して休んでいただくことができます。

気分が悪くなったら、すぐにスタッフがかけつけます。
体調がすぐれない等の症状がなければ、そのまま帰宅していただいて結構です。

手術翌日から

手術翌日

朝一番の診察となりますので、8時20分までに来院していただきます。

眼帯を外します。

手術2日目

視力検査を行います。

1週間検診、2週間検診、1ヵ月検診

眼の状況にあわせて、点眼薬を調整したり、受診時期を延ばしていきます。
手術後1ヵ月頃には、視力が回復し安定してくるので、この時期に視力に合った眼鏡を調整することをおすすめします。

 

©︎吉原眼科

〒990-0831 山形県山形市西田2丁目3-3