お知らせ

気になる症状

トップページ>気になる症状

こんな症状、ありませんか?

各項目をクリックすると詳しい症状を見ることができます。
以下のような症状がある方は、お気軽にご相談ください。

眼がすぐに疲れる

眼が乾く・眼が痛い

光がまぶしく感じる

日中と夜で見え方が違う

視界がかすんで見える

視界にフワフワしたゴミや虫のようなものが見える

視野の隅に稲妻のような光がはしる

視界の一部が欠けて見えなくなる

以前より視界が狭くなった気がする

視界の中心が歪んで見える

眼がすぐに疲れる

眼が乾く・眼が痛い

この症状が起きる代表的な病気は・・・

ドライアイ

生活習慣(空調や乾燥、長時間のモニター凝視等)が起因となる他、

シェーグレン症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群、膠原病等から引き起こされることもあります。

目が乾く、コンタクトレンズをつけていられない、目が疲れる、ゴロゴロして痛いなどの症状があります。

涙点プラグを挿入し、涙の排出をおさえる(より多くの水分が残るようにする)治療法があります。

 

光がまぶしく感じる

日中と夜で見え方が違う

この症状が起きる代表的な病気は・・・

白内障

多くは加齢が原因ですが、アトピーや糖尿病の他、目の怪我やぶどう膜炎などから起こることもあります。

光がまぶしく感じる、日中と夜間で見え方が違う他、かすんで見えたり、

ものが二重にみえたりするといった症状が現れます。

進行度によって治療は異なります。軽度の場合は点眼薬にて進行を遅らせ、

日常生活に不自由を感じる場合は日帰りでの手術を行います。

 

以前より視界が狭くなった気がする

この症状が起きる代表的な病気は・・・

緑内障

何らかの原因で視神経に障害がおこり、視野が狭くなる病気。

40歳頃から年齢とともに増加している病気ですが、目の炎症など、高眼圧の状況から起こる場合もあります。

急性の場合は目の痛みや頭痛、吐き気などの症状がみられます。

見える範囲が少しずつ狭くなっていくのが特徴です。進行が非常にゆっくりなので自覚がしづらいです。

まずは点眼薬を用いて進行を阻害しますが、効果が薄い場合は眼圧を下げるためにレーザー治療や手術が行われます。

 

視界がかすんで見える

この症状が起きる代表的な病気は・・・

糖尿病網膜症

糖尿病の3大合併症の一つです。

高血糖が続くことで毛細血管に影響が出て視機能が低下します。

視力が低下し、見え方に異常が出ます。

進行防止のためにレーザー光凝固治療を行いますが、根幹としては糖尿病自体の治療が重要となります。

 

視界の中心が歪んで見える

この症状が起きる代表的な病気は・・・

加齢黄斑変性

加齢とともに組織が萎縮する「萎縮型」と新生血管による黄斑の障害が起こる「滲出型」があります。

視野の真ん中がゆがんで見えづらい、文字を読むと字がゆがんで見えづらいという症状があります。

モノがゆがむ病気は他にも網脈静脈閉塞症があります。

「萎縮型」は治療を行う必要はありませんが、「滲出型」では新生血管の成長を抑制する薬を注射して対処します。

 

視界にフワフワしたゴミや虫のようなものが見える

視野の隅に稲妻のような光がはしる

この症状が起きる代表的な病気は・・・

網膜剥離

眼球の打撲や強度の近視、加齢等の様々な原因によって網膜が剥がれてしまう病気です。

視野にフワフワしたゴミや虫のようなものが見える「飛蚊症」、

視野の隅に稲妻のような光がはしる「光視症」の他、

視野全体がぼやける、ゆがむ、見える範囲が狭くなる、メガネをかけても見えづらい…

といった、いつもと違う見え方がするのが特徴です。当院ではレーザー治療が可能です。

 

視界の一部が欠けて見えなくなる

この症状が起きる代表的な病気は・・・

網膜静脈閉塞症

40歳以上の方や高血圧の方に多い病気で、網膜の静脈が詰まることで血管に異常が起こり発症します。

視野の欠けや視力の急激な低下、モノがゆがんで見えるなど、モノの見え方に対する異常が起こるのが特徴です。

当院ではレーザー光凝固治療が可能です。

 

©︎吉原眼科

〒990-0831 山形県山形市西田2丁目3-3