ドライアイとは?
ドライアイとは?

VDT症候群とは、
ドライアイを主な要因とするもので、
PCモニタや携帯電話の液晶画面などのディスプレイを
長時間集中して見続けることで発症する、
疲れ目や身体の不調のことをいいます。

VDT症候群とは、どんな症状なの?
ドライアイとは?
手術までの日程
メールでご相談
取り扱い商品
コンタクトとトラブル
正しい装着方法
緑内障とは?
飛蚊症とは?
白内障とは?
糖尿病網膜症とは?
患者様の声
手術機器の紹介
手術なんてこわくない
手術はたったの10分
当医院のご案内・地図
院内設備
診療案内
院長からみなさんへ
院長略歴
Copyright (C) yoshihara EyE clinic All rights reserved.
どんな治療法があるの?
ドライアイとは、眼を保護する涙液が不足し、
眼の表面が乾いてしまう病気です。
ひどくなると角膜や結膜に障害が起こってきます。
涙が少なくなると
   ○酸素や栄養分が角膜に十分に行きわたらない
   ○眼に入った異物をうまく洗い出せない
   ○殺菌作用が低下する

               など、数々の弊害が生じてきます。

ドライアイの人がコンタクトレンズを装用すると、
こうした悪影響が出やすくなります。
また、普通の人でもコンタクトレンズを装用すると、
眼が乾きやすくなります。
ドライアイが進行すると、
涙の量、性質のバランスが崩れ、眼の表面の細胞が剥がれて傷ができる。
【写真左】正常な眼
【写真右】ドライアイの眼

涙点プラグを装着する新しい治療法があります。

涙点プラグとは、
涙の流出口にプラグ(栓)を差し込むことにより、
涙を眼の表面にためる治療法です。

涙点プラグの装着は、
ドライアイによる眼の表面のトラブルを軽減するほか、
コンタクトレンズ装用時のトラブルを軽減したり、
眼の手術などによって生じるドライアイを軽減させるために、
用いられることもあります。通院で容易に装着することが可能です。

詳しくは、当院までご相談ください。