飛蚊症とは?
飛蚊症とは、どんな病気なの?
ある日突然に、あるいは、いつの間にか
目の前に蚊やゴミのような物が飛んで見えたり、
雲のようなものが浮いて見えたり、
墨を流したように見えたりする症状がでる病気です。
飛蚊症は、あらゆる年齢層に起こりますが、
高齢のかた、特に近視の人ほど多く見られます。
このような症状がでたら、
早めに眼科専門医の検査を受けることをおすすめします。
まずは、眼底検査を行います。
これは、瞳孔に光をあて、眼の奥の血管状態を
直接体外から観察することのできる唯一の検査です。
この検査で症状が認められた場合は、
手術が必要となります。

どんな検査をするの?
ドライアイとは?
手術までの日程
メールでご相談
取り扱い商品
コンタクトとトラブル
正しい装着方法
緑内障とは?
飛蚊症とは?
白内障とは?
糖尿病網膜症とは?
患者様の声
手術機器の紹介
手術なんてこわくない
手術はたったの10分
当医院のご案内・地図
院内設備
診療案内
院長からみなさんへ
院長略歴
Copyright (C) yoshihara EyE clinic All rights reserved.
◆飛蚊症のさまざまな見え方◆