白内障とは?
ピントを合わせるための、
レンズの役割を持つ水晶体が濁り、
・かすんで見える
・明るいところへ出ると眩しく感じる
・どんなに調節しても眼鏡が合わない
・ものが二重・三重に見える
           という症状があらわれます。
白内障だけで痛みや充血はありません。
どんな症状がでるの?
白内障とは、どんな病気なの?
人の眼は、よくカメラにたとえられますが、
カメラのレンズに相当するのが水晶体です。
この水晶体というレンズが濁る病気が白内障です。
なにが原因で発症するの?
最も多いのは加齢です。
個人差はありますが誰でも年をとるにつれ
発症します。
   60歳代で70%
   70歳代で90%
   80歳以上でほぼ100%の人に発症します。
若いうちからの発症では
・目の外傷
・アトピー性皮膚炎
・糖尿病
・先天性(生まれつき)などが原因となり、
その他にも、遺伝、放射線照射、薬剤の副作用、
目の病気に続発するもの、網膜剥離や硝子体手術の
後などにも進行しやすい傾向があります。
どんな症状がでたら、診察を受けたらいいの?
水晶体の濁りは、少しずつ、ゆっくりと進んでいきますが、
一度濁った水晶体は、元通り透明にはなりません。
視界がかすんだり、光がいつも以上に眩しく感じたら、
すぐに診察を受けるようにしましょう。
また、上記のような症状がなくても、
40歳を過ぎたら、一度診察を受けることをおすすめします。

早めの診察で、合併症などの多くのリスクを
回避することができます。
どんな治療をするの?
日常生活を送る上で支障のない軽度のうちは、
点眼薬や内服薬により症状の進行を遅らせることができます。

視力の低下が激しい場合、有効な治療法は手術のみです、
最も一般的な手術の方法は、
超音波水晶体乳化吸引術、および眼内レンズ挿入術といい、
特殊な超音波の器械で水晶体を細かく砕き、
眼内レンズという小さなプラスチックレンズを埋め込みます。

症状にもよりますが、
手術に要する時間は5〜10分程度です。
ドライアイとは?
手術までの日程
メールでご相談
取り扱い商品
コンタクトとトラブル
正しい装着方法
緑内障とは?
飛蚊症とは?
白内障とは?
糖尿病網膜症とは?
患者様の声
手術機器の紹介
手術なんてこわくない
手術はたったの10分
当医院のご案内・地図
院内設備
診療案内
院長からみなさんへ
院長略歴
Copyright (C) yoshihara EyE clinic All rights reserved.